富山のホームページ製作会社・グリーク スタッフブログ - ブログ -
  1. グリークトップ
  2. 実験
  3. ブログ

【Pokemon GO】2日で33km足で稼いで分かった、最も効率よくレベルを上げる方法

Slack for iOS Upload (2)

待ちに待ったポケモンGO、ポケモン初体験なのでモンスターには詳しくありませんが、早速調査をしてみました。今回は2名で協力していろいろ試してみました。

リリース直後から2手に分かれて、市街地・川沿い・海沿いなどを訪れてみてどのような違いがあるか確認してみました。

それから夜に外を歩いてみて、街の様子も確認してきました。

Slack for iOS Upload (4)

いや〜、歩きましたね〜。時間がかかるのでほぼ走りましたが・・・

実際にやってみていろいろ気づいたところを報告したいと思います。

気づいたところ

  • 川沿い、海沿いでもとくにモンスターに違いがなかった
  • ポケストップ密集地だからといってたくさんモンスターがとれるわけではなかった
  • 車で移動中でも結構モンスターに反応する (助手席で確認しました)
  • iPhone/Androidを両手に持って確認したところ、ほぼおなじタイミングでモンスターがでたのですが、たまに片方だけ反応することがありました。
  • ルアーモジュールを置くと、人がわらわら集まってくる。

こちらがAndroidだけでGETできたポニータ (自分も欲しかった・・・)

Screenshot_20160722-201923

 

さっそく本題に入ります!

 

効率よくレベルを上げる2パターン

方法1: とにかくモンスターを集めるパターン

基本中の基本、外をうろついてモンスターを探します。
このパターンの場合、道具をうまく活用することが大事です。

最も重要なのは、道具+ルアーモジュールのコンボです。
狙い目はルアーモジュールが刺さった場所です。さくらの花びら待っているところが目印です。
まずずはこれを探しましょう。

そしてたどり着いたら、自分のルアーモジュールをすぐ近くのスポットに指しましょう。

Slack for iOS Upload (5)

それから、お香+しあわせたまごを同時に使います
するとルアーモジュールで集まりやすくなったところに、さらにお香の効果を被せます。
ルアーどころか地引き網状態です。
しあわせたまごの効果で経験値が2倍になり、あっという間にレベルアップするでしょう。

方法2: たまごをとにかく孵化させるパターン

たまごを孵化させると経験値がたくさんもらえるのに加えて、アメもたくさんもらえるため進化させるときにも役にたちます。

このパターンで最重要なのはとにかく“ふかそうち”をたくさん集めることです。
たまごは最大9個まで持てますので、できるだけ装置に入れることができればそれだけまとめて孵化させられるからです。

Slack for iOS Upload (1)

孵化装置さえあつまれば、あとはたまごを集めるだけです。

そしてひたすら走ります。GO GO GO!
ちなみにはじめて孵化したたまごからピカチュウをGETしました。

ここだけの話ですが、アプリを起動したまま放置しておくという方法があります。
何もしなくても歩行距離は少しずつ増えます。
これはGPSの誤差によるもので、一定間隔で緯度経度を取得する際に発生した誤差の分が移動距離としてカウントされているようです。技術的には仕方ないところかなと思います。
もしかしたら精度の悪いポンコツ端末で一晩放置させると、思いの外距離が稼げるかも?

番外編:ちゃっかりジムでポイントを稼ぐ

ジムに自分のモンスターをおいておくと、ショップで使えるポイントがもらえることはご存知でしょうか?(いわゆる課金アイテムです)
試しにジムに適当なモンスターをおいてみましたが、すぐにやられてしまいました。
これは普通にやっていても、入れ替わりが激しすぎてポイントがもらえそうにありません。

そういう時の効果的な方法を発見しました。
次の条件に当てはまるジムを探してください。

  1. 自分と同じチームのジム (同じ色のチームです)
  2. 人があまり頻繁に来ないところ
  3. 既に味方の強いモンスターがいるところ (強さ1000以上)

あとはここに便乗して自分のモンスターをおいておくだけです。
他のプレイヤーに襲撃されても味方がなんとかしてくれるでしょう。

ちなみにこの方法で2体ともまだ生き残っています。
右上の数字(2) がジムにおいたモンスターの数みたいです。ここを押すとポイントがもらえます。
一度押すと24時間たたないと再度押せないようです。

Slack for iOS Upload (2)

注意点・バグなど

パワーセーブモードはつかわない (iPhoneだけかも)

画面を逆さにすると真っ暗になり、自動的に節電してくれる機能があるのですが、現在のバージョンではこれを使うとフリーズするようです。
iPhone 6Sでこの現象が起きましたので、Androidの方は大丈夫かもしれません。

たまごの孵化画面がでたら画面ロックを行わない (これもiPhoneだけかも)

たまごが孵化する時は「おや?」という画面が表示されますが、この時運悪く画面ロックボタンを押してしまい、ロック解除して戻った時にフリーズしてしまいました。

Slack for iOS Upload

この画面です。仕方なくアプリを強制終了し再度起動したところ、たまごは消えており、モンスターも増えていませんでした。つまりなかったことになってました

おい!3つだぞ!おや?はこっちのセリフだよ!

その他・マナーについて

深夜にもかかわらず携帯をもってうろうろしている方がたくさんいました。
本当にすごい影響力だと思います。

スマホを見ながら自転車に乗っている人や、車でスポットをまわっている人も結構いて、これは危ないのでやめたほうがいいと思います。
私自身はこのゲームの最大のメリットは、遊んだ分強くなった足腰という目に見える形として残ることです。たとえゲームに飽きたり、最悪サービスが終了したとしても、締まった足や引っ込んだお腹をみれば決して無駄ではなかったと思うことでしょう。

さいごに

最終的に2日でこんな感じになりました。

Slack for iOS Upload (5)

ポケモンが初めてなのでこれらの価値がよくわからないところが非常に残念です。


いろいろ盛り込みましたが、この記事を通して私が申し上げたいことが何かというと

歩け」ということです。よろしくおねがいいたします。

そういえば、ポケモンのスポットはIngressの拠点と完全に一致します。
ん?金のビリケン?なんだそれ?と思って実際行ったらただの居酒屋の置物だったりするのが、ingressあるあるだと思いますが、pokemonで初めてVRゲームをするかたはいずれ面白スポットを目にすることになると思います。そんな楽しみ方があってもいいかなと思います。
ちなみにIngressは、ポケモンのリリースを見越して、その2日前から始めました。

以上で報告を終わります。
お疲れ様でした。
僕は疲れました。

ポケモンネタは今回のみで今後このテーマで記事を追加することはございません。

この記事を書いたスタッフ
Kazuyuki Hayashi
Symfony / Node.js / React.js / Swift を中心にテクノロジー系の記事を書きます。趣味はコーヒーです。