富山のホームページ製作会社・グリーク スタッフブログ - ブログ -
  1. グリークトップ
  2. 箸休め
  3. ブログ

【特選】夏に見たいアニメ4選!

こんにちは、松村です。
今日から6月に入り、夏って感じがしてきましたね!
暑い中、汗を流しながら見るアニメって最高です。
そこで今回は個人的に夏に見たいアニメを紹介しますよ!

1、夏目友人長

01

あらすじ
小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志。
彼は、祖母レイコが妖怪を子分とする証にその名を書かせた「友人帳」を継ぎ、自称用心棒の妖怪・ニャンコ先生と共に、妖怪達にその名を返す日々。
ようやく手に入れた大切な場所で、友人達との深まる絆を感じながら、夏目は妖怪達との出会いや別れを繰り返していく…。

この作品を一言で表すと「心が洗われる作品」です。
最初は人づきあいが苦手な主人公ですが、妖怪達との出会い・別れの中で成長し、他人に対しても心を開いていきます。
夏目友人長は冬の話もあるんですが、1期が夏から始まるので夏のイメージが強。ていうか夏にもう一度見たい!

公式サイト↓
http://www.nasinc.co.jp/jp/natsume-anime/

 

2、ひぐらしのなく頃に

02

あらすじ

昭和58年夏。

昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が
暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。
都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。
人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・
仲間との他愛のない日常を過ごしていた。それは、永遠に続くかに思えた。
毎年6月に行われる祭、「綿流し」。そう、その日も楽しい一日になるはずだった。
雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。
祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。事件の真相は?犯人は?圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。そう、すべてが・・・
ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、
少し、早めの夏を告げていた。

夏といえばひぐらし!作中のセミの声がまた良い。
最初の方は怖い感じですが、後々謎が解明されてきて、とても感動します。これは最後まで見るべき作品。

公式サイト↓
http://www.oyashirosama.com/web/top/
 

3、ホリック

03

あらすじ

<アヤカシ>が見える高校生・四月一日君尋(ワタヌキキミヒロ)は、<ミセ>
の店主・壱原侑子(イチハラユウコ)と出会う。

「どんな願いでも叶える」という女。
しかし「それに見合う”対価”」が必要という。
<アヤカシ>が見える体質を変えてもらうために<対価>として
半強制的に<ミセ>でアルバイトをさせられることになる・・・。

夏といえば妖怪。←
夏目友人帳しかり、ホリックしかり、怖いの見たくなりますよねw
私怖がりなのでホリックで結構ビビります。

公式サイト↓
http://www.tbs.co.jp/holic/

 

4、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

04

あらすじ
幼い頃は仲が良かった幼馴染6人は、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。
高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。-wiki出典

あの花は実はまだ見たことがありません。
なので今年の夏こそは見たい!!

公式サイト↓
http://www.anohana.jp/tv/

まとめ
いかがでしたか。
なんだか、妖怪とかアヤカシ?とかばかりになってしまいました。
夏は怖いの見たくなりますよねw

この記事を書いたスタッフ