富山のホームページ製作会社・グリーク スタッフブログ - ブログ -
  1. グリークトップ
  2. まとめ
  3. ブログ

紅茶を美味しく入れるコツ、”ジャンピング”って?

紅茶の淹れ方、皆さんはどうされてますか?

・茶葉をポットにいれて、そのままお湯を淹れる
・茶こしに茶葉をいれる→カップにセットしお湯を淹れる

上記に挙げた方法で入れる方も多いと思いますが、
実は、2つともNGです。
渋みが出て美味しくなくなります。

なので、今回は紅茶の美味しさが格段に上がる、”ジャンピング”を使いこなして
美味しい紅茶を飲みましょう。

ジャンピングとは

ティーポットの中で茶葉が対流運動をして、上下にゆっくりと浮き沈みすることです。
ジャンピングが起きることで、茶葉が開いて紅茶の風味が一層引き立ちます。
また、紅茶の主な成分であるタンニンとカフェインが十分に抽出されるかどうかについても、
正確にジャンピングを起こせるかどうかで決まってきます。

まずは下準備からです。

1.丸い形状のポットを使う

tea_2

紅茶の三大要素、香り・色・味。
特に、色と味はティーポットの形状によって決まります。
(抽出時間、ティーポット内での茶葉の動きに起因します)
なので、できるだけ丸い形を選び、保湿性が高いものを使いましょう。

2.ティーポットは必ず温めて使う

これは、注いだお湯の温度を下げない為です。

3.お湯は95℃。ただし酸素を含んだお湯であること

酸素はとくに重要で、これがないとジャンピングが起こりません。
新鮮な水を95℃まで沸かして、淹れれば大丈夫です。

ちなみに、電子ポットに保温して置いてあるお湯は、酸素が抜けてしまっているので
ジャンピングは起こりません。
そんな時は、酸素を含んだ水(水道水でOK)をカップ一杯ほどいれて
95℃まで再沸騰。これで少しはジャンピングはしてくれます。※実証済みです

※95℃以上沸騰させてしまうと、お湯の中に酸素が無くなり
茶葉が沈んで、ジャンピングが起こらなくなってしまうので注意です

これが整ったら、”ジャンピング”に挑戦しましょう。

1.まず、茶葉を淹れたティーポットに95℃まで沸騰させた新鮮なお湯を、上から30cmほど離れた場所から注ぎます。

※高くすることによって、少しでも空気中の酸素を取り込むため

2.するとポットの中で、小さな気泡(酸素)が付着した茶葉が上下に動きます。

そう、これがジャンピングです。ジャンピングが起こることで、
茶葉が開いて紅茶の風味が一層引き立ちますよ。

3.ジャンピングが終わったら、カップに注いで飲みましょう

tea
これで、いつもより格段に美味しくなります。

紅茶の専門店で飲むのは、ややハードルが高いですが、
自宅で入れる方にも参考になると思います。

なので、紅茶の代表的な茶葉も併せて紹介します。

ストレートティーの代表3つ

ダージリン(Darjeeling)

格別な香味をもっているため、世界三大紅茶と言われています。
香りが強いのでストレートティー向き。

産地:北インド
色:オレンジ色

アッサム(Assam)

くせが少なく、濃厚でコクのある味が特徴です。
濃厚さから、ミルクティー向き。

産地:北インド
色:濃いめの紅色

ウバ・ウヴァ(Uva)

世界中で飲まれている、世界三大紅茶のひとつ。
適度な渋味と、メントール風の爽やかさが特徴でミルクティー向き。

産地:セイロン島南東部
色:明るい紅色

美味しい紅茶にはかかせないジャンピング。
使いこなして、これで楽しいティータイムを過ごしましょう!

この記事を書いたスタッフ