富山のホームページ製作会社・グリーク スタッフブログ - ブログ -
  1. グリークトップ
  2. まとめ
  3. ブログ

ウェブエンジニアが知っておくといいシェアをまとめてみました。(2014年度)

こんにちわ。プログラマの湊です。

今回は、Web業界で働く人が知っていると得する様々なツール・業界のシェア率を調べてみました。

 

未だに根強いIEだが若干の減少・・・。ブラウザのシェア

004l

参考:マイナビニュース

なんといっても日本では、まだIEの人気が高いです。

全体の6割のシェアがあるIEですが、最近のニュースで致命的なセキュリティホールが発見され

不正なサイトを閲覧するだけで、ウイルスにかかる可能性もあり未だに修正パッチは提供されていません。(2014年5月現在)

Firefox信者の僕にとっては、みんなにFirefoxを使ってもらいたい!

 

ウェブブラウジングの利用シェア

8

参考:株式会社D2C

ほとんどのユーザーがスマホ+PCで利用していることがわかります。

これからのウェブサイトはスマホサイト作成は必須といえるでしょう。

 

ちなみに楽天市場全体の売上の、約24%がスマホからで今後は更に加速していくと思われます。
 

JavascriptライブラリシェアではjQueryが優勢

w3techs01

参考:W3Techs

約5割のサイトで使われているjQuery

僕の場合、PrototypeやMooToolsも触ったことがありますが、なんといってもDOMの操作が直感的ですごくわかり易いです。

プログラムがわからない人でも、様々なプラグインもネット上に配布されているので導入のし易さはかなり高いといえるでしょう。  

検索エンジンではYahoo・Googleが2大トップに

pie  

参考:サーチエンジン シェア

Google・Yahooがほとんどの人が利用している検索エンジンでした。

msnは学校や図書館でまだ利用しているのかなぁと勝手に憶測。

いつかはYahooニュースにブログが紹介されて、トラフィック分析してみたいです!  

 

プログラム言語のシェアではC,JavaについでObjective-Cも

1

参考:TIOBE Index for April 2014

世界全体のシェアですが、やはり強いのがC,Java!

意外にも3位に入ったのがObjective-C。アプリ制作が多くなったってことなんでしょうか。

 

PHPフレームワーク。日本ではCakePHPが断トツの人気

 
上記は日本で人気のフレームワークの図となります。

やはりCakePHPが日本では圧倒的な人気を誇るようです。

ちなみに世界では下記のようになります。

 

 

いかがでしたでしょうか。

これからの情勢をこまめにチェックしないといけないですね。

僕もこまめにチェックしていくようにします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いたスタッフ